福祉住環境コーディネーター検定

福祉住環境コーディネーター検定

高齢者や障がい者に対し、自立しいきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザー。クライアントの特性やニーズにマッチした住環境を提案・実現するための医療・福祉・建築にまつわる総合的な知識が問われる。

この検定を勉強すると、「福祉というのは住環境の整備という観点が意外と重要で、ちょっとした工夫で生活やケアの利便性が大きく高まるのだな」という気付きが得られます。福祉・介護業界で働いている方だけでなく広く一般の方にも、住生活向上のための学びのきっかけとしてオススメしたい検定です。

基本情報

級・試験区分

3級
2級
1級

受験資格

3級・2級 特に制限なし
1級 2級合格者

試験日程

7月・11月
※1級は11月のみ

申込期間

試験日の2ヶ月半~1ヶ月半前頃

受験料

3級 4,320円
2級 6,480円
1級 10,800円

会場

全国

試験内容

これからの社会に求められる福祉住環境整備
福祉住環境コーディネーター1級の目標と役割
地域福祉の推進-福祉コミュニティづくり-
地域で支える高齢者ケア
地域で支える障害者ケア
ユニバーサルデザインの概念および沿革
ユニバーサルデザイン環境の整備手法
高齢者・要介護者向け住宅・施設の流れ
高齢者住宅・施設の種類と機能
障害者向け住宅および施設の種類と機能
福祉住環境のコーディネートの実際

主催団体

東京商工会議所

資格公式サイト

あわせて取りたい資格

関連記事