文章読解・作成能力検定

文章読解・作成能力検定

私たちは、日常、他人が発する情報を読み取り、自分の思いや考えを他人に伝えるということを頻繁に行っています。情報化・国際化が進む現代社会においては、文章でのコミュニケーションが占める割合が高くなってきています。言い換えれば、他人の文章を正確に読み取り、自分の考えや意見を的確に文章で表現する能力が、生きていくうえで特に大事なコミュニケーション力と一致しています。
文章読解・作成能力検定は社会生活に必要なコミュニケーション能力を育成できる検定です。その能力を高めることができれば、日常生活は言うまでもなく、学業、仕事といった社会生活も、より充実したものになるでしょう。

基本情報

級・試験区分

4級
3級
準2級
2級

受験資格

特に制限なし

試験日程

団体受験 8月・10月・11月
個人受験 2月

申込期間

試験日の1ヶ月前頃まで

受験料

4級 2,000円
3級・準2級 3,000円
2級 4,000円

会場

団体受験 準会場(設置条件を満たしている学校や団体が、自ら設けた団体受検用の会場)のみ
個人受験 東京・大阪

試験内容

基礎力(語彙、文法)
読解力(意味内容、資料分析、文章構成)
作成力(構造、表現、総合)

主催団体

公益財団法人 日本漢字能力検定協会

資格公式サイト

あわせて取りたい資格

関連記事