ファイリング・デザイナー検定

ファイリング・デザイナー検定

ファイリング・デザイナー検定とはオフィス文書の発生から廃棄まで、ライフサイクル全般を適切に管理する人材を育成する目的で毎年2回実施される検定試験です。
ファイリングシステムの知識や技術は、業種・業態に限定されず、あらゆるオフィスに適用が可能です。そのため受験者も、官公庁・自治体、企業、病院さらには大学、短大、専門学校に至るまで多岐に及ぶのがファイリング・デザイナー検定の大きな特徴です。

基本情報

級・試験区分

3級
2級
1級

受験資格

特に制限なし

試験日程

7月・11月

申込期間

試験期間中随時

受験料

3級 4,320円
2級 6,480円
1級 8,640円

会場

全国のテストセンター

試験内容

組織内情報化と文書管理の基礎知識
トータル・ファイリングシステムの構築手法・維持管理手法の実務知識
保管システムの実務知識
保存・廃棄システムの実務知識
文書保存関連法規
ペーパーレスファイリングに関する基礎知識
電子記録媒体とマイクロフィルムの基礎知識
文書保存年限に関する基礎知識
電子記録媒体に関する基礎知識
など

主催団体

一般社団法人 日本経営協会

資格公式サイト

あわせて取りたい資格

関連記事