実用フランス語技能検定

実用フランス語技能検定

フランス語は、他言語と合わせて公用語にしている国を含め、地球上の29の国の公用語になっています。また、2020年に東京でオリンピック・パラリンピックが開催されますが、国際オリンピック委員会(IOC、フランス語ではCIO)ではフランス語が英語とともに公用語となっており、両言語の文書の間に疑義がある場合にはフランス語を優先することとされています。実用フランス語技能検定は、フランス語の実用能力を客観的に測る日本独自の検定試験です。

基本情報

級・試験区分

5級
4級
3級
準2級
2級
準1級
1級

受験資格

特に制限なし

試験日程

6月・11月
※準1級は11月のみ
※1級は6月のみ

申込期間

試験日の2ヶ月半~1ヶ月前頃

受験料

5級 3,500円
4級 4,500円
3級 5,500円
準2級 7,000円
2級 8,000円
準1級 10,000円
1級 12,000円

会場

全国

試験内容

読む
書く
聞く
話す
文法知識

主催団体

公益財団法人 フランス語教育振興協会

資格公式サイト

関連記事