家庭料理検定

家庭料理検定

家庭料理検定は、健全な食生活を支える家庭料理に係る技能の普及を図り、その振興を期するとともに、健康と食生活の向上、食育の推進に資することを目的としています。
家庭料理とは、日常的に食する料理一般をいい、その技能とは家庭料理の調製に必要な知識・技術全般を指します。

基本情報

級・試験区分

5級
4級
3級
2級
準1級
1級

受験資格

5級、4級、3級、2級、準1級:特に制限なし
1級:準1級の合格が必要です。

試験日程

年2回
一次試験:6月、二次試験:9月頃
一次試験:11月、二次試験:翌年2月頃

申込期間

試験日の一ヶ月程前まで。

受験料

【一次試験(筆記)】
5級:2,000円
4級:3,000円
3級:4,000円
2級:5,000円
準1級:6,000円
1級:7,000円
【二次試験(実技)】
3級:5,500円
2級:7,000円
準1級:8,500円
1級:10,000円

会場

全国約60ケ所
(1級、準1級の試験会場は埼玉、東京、愛知、京都、大阪、岡山、福岡で受験ができます。)

試験内容

【一次試験(筆記)】
1.食生活と栄養
2.調理と衛生

【二次試験(実技)】
3級基礎技術・調理技術:出題する問題(1問)を事前公表する。
2級基礎技術・調理技術:事前公表問題(2問)から1問出題。
準1級基礎技術・調理技術:事前公表問題(3問)から2問出題。
1級調理技術:事前公表問題(3問)から1問出題

主催団体

学校法人香川栄養学園 家庭料理技能検定事務局

資格公式サイト

関連記事