宅建マイスター認定試験

宅建マイスター認定試験

「宅地建物取引のエキスパート」として必要な実務能力を問う試験です。
宅建取引士資格取得後、5年以上の実務経験を持ち幅広い宅地業務の知識を得ていること、また論理的思考をもってリスクを予見しながら不動産トラブルを未然に予防し、公正に不動産取引ができる人材を証明する資格です。

基本情報

受験資格

現在、宅建業に従事している方の内、以下の要件のいずれかを満たしている方で、試験当日、有効な宅地建物取引士証を提示できること。
①宅地建物取引士証取得後、5年以上の実務経験を有していること。

試験日程

1月

申込期間

10月~1月

受験料

12,500円

会場

東京・大阪

試験内容

【記述式試験】売買契約、重要事項説明

主催団体

公益財団法人不動産流通推進センター

資格公式サイト

関連記事