品質管理検定(QC検定)

品質管理検定(QC検定)

品質管理検定(QC検定)は、品質管理に関する知識をどの程度持っているかを全国で筆記試験を行って客観的に評価を行うものです。日本のほとんどの企業では、品質管理が実施されています。この品質管理を実施するためには、働く人々の品質管理に関する意識、能力、改善能力が重要です。そこで「QC検定」では、企業においてどのような仕事をされているか、その仕事において品質管理、改善を実施するレベルはどれくらいか、そしてその管理・改善をするためにどれくらいの知識が必要であるかにより四つの級を設定しております。

基本情報

級・試験区分

4級
3級
2級
1級

受験資格

特に制限なし

試験日程

9月・3月

申込期間

試験日の4ヶ月~2ヶ月半前頃

受験料

4級 3,080円
3級 4,110円
2級 5,140円
1級 8,220円

会場

全国

試験内容

QC的ものの見方・考え方
品質の概念
管理の方法
品質保証
品質経営の要素
ほか

主催団体

一般財団法人 日本規格協会

資格公式サイト

関連記事