給与計算実務能力検定

給与計算実務能力検定

給与計算実務能力検定試験® は、企業・団体の総務・人事・経理などの管理部門で求められる給与計算業務に対する知識・実務遂行力の明確な評価尺度として、その実務能力を測るための検定試験です。給与計算業務を正しく行うには、社会保険の仕組みや労働法令、所得税・住民税等の税法等に関する幅広い正確な知識が必要不可欠となります。検定試験および試験対策の学習を通して、受験者が給与計算業務に携わるのに必要な正しい知識を学び、実際の業務面での実務能力を身に着けることができます。個人の給与計算の実務能力に対して適正な認定を行いますので、履歴書や面接での強力なアピールポイントになり、また実務担当者や管理監督者のスキルアップ・コンプライアンス向上に繋がります。

基本情報

級・試験区分

2級、1級

受験資格

特に制限なし

試験日程

11月(2級、1級)※ 1級は11月のみ
3月(2級)

申込期間

試験日の2か月~1か月半前頃

受験料

2級 8,000円(税込)
1級 10,000円(税込)

会場

全国主要都市

試験内容

1.給与計算業務に必要な基礎知識
2.給与計算実務に必要な法的知識(労働基準法等)
3.演習問題(実際の給与計算)

※給与計算実務能力検定試験は、原則として試験実施月の前々月の1日に施行されている法令等により出題されます。

3月試験の場合は同年1月1日現在の、11月試験の場合は同年9月1日現在施行されている法令等によります。

主催団体

一般財団法人職業技能振興会/一般社団法人実務能力開発支援協会

資格公式サイト

おすすめ参考書

 

関連記事