IPO実務検定

IPO実務検定

上場準備のスキルを身につけることができる場所は、上場準備企業や監査法人の株式公開支援部、証券会社の公開引受部・審査部などに限られており、上場準備は、その詳細を学びたくても学ぶことができない分野の一つとなっています。
IPO実務検定は、このような事態を回避・解消するため、上場準備に関する専門知識を持ち、上場準備を企業内部から支えることができる人材を早期に育成するべく創設された試験です。

基本情報

級・試験区分

標準レベル
上級レベル

受験資格

特に制限なし

試験日程

随時

申込期間

随時

受験料

標準レベル 12,312円
上級レベル 20,520円

会場

全国のテストセンター

試験内容

倫理・社会的責任
制度・コンプライアンス
上場準備実務

主催団体

日本IPO実務検定協会

資格公式サイト

関連記事