電子会計実務検定

電子会計実務検定

電子会計実務検定とは、日本商工会議所が実施する検定試験で、企業(特に中小企業)における電子会計の実践およびこれに対応できる人材の育成に資するとともに、中小企業の会計指針の普及・定着を図ることを目的に創設された検定試験です。

基本情報

級・試験区分

3級
2級
1級

受験資格

特に制限なし

試験日程

3級:試験会場が試験日を決定します。
2級:試験会場が試験日を決定します。
1級:10月頃、2月頃

申込期間

各ネット試験会場によって異なります。

受験料

3級:4,120円
2級:7,200円
1級:10,480円

会場

全国

試験内容

【3級】
1. 電子会計データの流れ
2. 電子会計情報の活用
【2級】
1. 関連業務等からの業務データ等の活用
2. 電子会計情報の活用
3. 電子会計データの保管・管理
【1級】
1. 電子会計情報の活用
2. 会計ソフトの導入・運用
3. 会計データの電子保存と公開
4. 電子申告・納税システムの理解
5. 企業会計以外の会計システムの理解

主催団体

日本商工会議所

資格公式サイト

関連記事