旅程管理主任者(ツアーコンダクター)

旅程管理主任者(ツアーコンダクター)

旅行会社が実施する企画旅行(パッケージツアー等)に参加するお客様に主任添乗員として同行し、添乗業務を行うためには「旅程管理主任者」資格が必要。資格には「国内」と「総合」があり、国内は国内添乗のみ、総合は国内と海外両方の添乗ができる資格となっている。資格を取得するためには①観光庁登録機関が実施する「旅程管理研修」を修了していること、②旅行業法で定められた実務の経験を有していること、以上2つの要件を満たすことが必要。添乗員の仕事はツアーを予定通りに進めていく旅程管理、お客様の安全を確保する安全管理、お客様に旅を楽しんでもらう旅の演出等が中心。全世界の観光地等が添乗員の職場となり、旅が好き、人と接するのが好きという方におすすめの資格です。

「国内」、「総合」の2種類

基本情報

級・試験区分

資格取得要件となっている「旅程管理研修」を受講するためには、添乗員派遣会社もしくは旅行会社に所属している方か所属を予定している方が対象(通訳案内士資格保有の方は個人でも受講可能)。

受験資格

旅程管理研修は、東京・大阪でほぼ毎月実施。
「国内」は2日間、「総合」は3日間の受講となる。
添乗員派遣会社に所属の方は旅程管理研修の受講前に基礎研修の受講が必要。(一社)日本添乗サービス協会(TCSA)では基礎研修をeラーニングで実施している。

試験日程

研修実施の2ヶ月前から研修実施1週間前まで

申込期間

「国内」は10,400円。「総合」は16,000円(それぞれTCSA会員の添乗員派遣会社に所属の場合の料金)
基礎研修eラーニング講座は10,000円で受講可能。

受験料

東京・大阪(その他地区でも実施の場合有)

会場

①旅行業法例と約款
②国内添乗実務
③海外添乗実務・英語
※「国内」は①と②のみ受講。「総合」は①~③すべて受講。
※各科目(①~③)毎に講義終了後に修了テストを実施し、全ての科目60点以上取得すれば研修修了となる。

試験内容

「国内」:1,018名
「総合」:293名
(平成30年度TCSA実施旅程管理研修受講者数)

主催団体

(一社)日本添乗サービス協会

資格公式サイト

関連記事