戦史検定

戦史検定

私達が享受している平和と繁栄は、第2次大戦時、先人が家族と郷土のために雄々しく戦われた結果であり、かつての戦地に戦友や遺族らが、慰霊、顕彰を続けらて来ました。しかし時は移ろい、今、世界各地で慰霊、顕彰の施設が朽ちかけている事態が惹起しています。激戦地に行けば、必ず無数の顕彰碑があります。碑文景には筆舌に尽くし難い戦争事実の集積があります。私達は、国民全般にその事実(つまり戦史)が共有され、先人への思いが末永く語られ、憶念される文化国家でありたいと考え、実現して行くため、『戦史検定事業』を実施しています。事業収益を活用し、次の世代へ史実を継承するため、在外慰霊碑の保全に取組み、慰霊、顕彰のバトンを継いでいきたいと.考えております。

基本情報

級・試験区分

初級
中上級

受験資格

どなたでも受検できます。得点により認定クラスが異なり、合格者の再受検も可能です。

試験日程

令和元年11月17日

申込期間

8月1日~10月14日

受験料

初級3,800円  中上級5,500円  併願8,000円

会場

東京会場:読売理工医療福祉専門学校東(京都港区芝5-26-16)
大阪:堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曾根183-5)

試験内容

初級:50問:マークシートによる五者択一
中上級100問:マークシートによる五者択一

主催団体

戦史検定協会

資格公式サイト

おすすめ参考書

関連記事