夜景観光士検定

夜景観光士検定

もともと夜景は「眺める対象」としての役割がほとんどでしたが、近年は「夜景観光」の戦国時代と言えるほど注目度も高まり、夜間の観光コンテンツとしての役割も大きく担うようになりました。また、自治体や民間施設による積極的な取り組みもあり、国全体が「ナイトツーリズム」や「夜型観光」に注力した観光コンテンツに注目したことや、2020年のオリンピック&パラリンピックの実施もあり、各国からのFIT旅行者も増加しています。このような夜景を取り巻く環境の変化を捉え、夜間観光における重要な観光ファクターとして「夜景観光」を総合的な視点で捉え、「夜景観光士検定(通称・夜景検定)」を2019年に初開催します。観光業界における成長著しい「夜景観光」を主軸に人材の育成を目指し、本検定を実施していきます。

基本情報

級・試験区分

2級・3級

受験資格

年齢、経験等の制限は無し

試験日程

2019年12月7日(土)、8日(日)

申込期間

公式HP
2019年9月2日(月)〜12月3日(日)
ゆうちょ銀行振替用紙・チケットぴあ
2019年9月2日(月)〜11月22日(金)

受験料

2級:5,500円(税込)
3級:6,600円(税込)
併願:11,000円(税込)

会場

インターネット

試験内容

「日本夜景遺産」公式HPの夜景遺産認定地情報と、
電子書籍「夜景観光士検定公式テキスト」に掲載
されている情報から100%出題。

主催団体

一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー

資格公式サイト

関連記事