おもてなし学検定

おもてなし学検定

“おもてなしとは何か?”
その本質的な問いに答えるべく生まれた検定です。

日本の歴史・風土の中で育まれてきた「おもてなし」という概念を紐解き、実態を解き明かし、その知識を体系化したものが『おもてなし学』です。検定の取得を通しておもてなしの心が正しく理解され、世の中に伝わり、後世に継承されることを願って『おもてなし学検定』は創立されました。
学習から受検までがオンラインで完結、いつでもどこでも学び、資格取得を目指すことのできる検定です。

基本情報

級・試験区分

3級
2級(2021年秋以降公開予定)
1級(2021年秋以降公開予定)

受験資格

【3級】どなたでも受検いただけます
【2級】3級合格者
【1級】2級合格者

試験日程

随時(受検申込から14日以内)

申込期間

随時お申込いただけます

会場

自宅などからのオンライン受検

試験内容

【3級】
問題数:選択問題20問(15問以上正解で合格)
制限時間:30分
出題範囲:
■「おもてなし」という言葉の意味・成り立ち
■「おもてなし」を構築する『15の心』ーそれぞれの意味・おもてなしの中で果たす役割
■「おもてなし」と「サービス」、「ホスピタリティ」の違い
■「おもてなしをすること」と「おもてなしの心を持つこと」の違い

主催団体

国際おもてなし協会

資格公式サイト

資格勉強に役立つサイト

試験で出題される内容は公式の動画教材で学ぶことができます。1本の動画は5分前後で、イラストや図解も交えながら学習ポイントをわかりやすくまとめております(計17本/1時間38分)。要点をまとめたテキスト教材・練習問題も付属しており、ご活用いただきながらご自身のペースで学習を進めていただけます。

関連記事